ABOUT US

TAKARAについて

服づくりの喜びを着る人の歓びへ。文化を創るTAKARAグループ。

「ものづくりは、人づくり」という人間教育を原点に、
日本人ならではの細やかな感性と高度な技術を育てることに力を注ぎ、
世界に誇るジャパン・クオリティを追求し続けているTAKARAグループ。
作り手たちの情熱や喜びを、着る人の歓びへ──。
私たちが創っているのは、ファッションという文化です。

BUSINESS CONCEPT

世界に認められるTAKARAブランドの構築を目指して。

TAKARAグループでは、次代を見据えた戦略的なブランド化を進めています。それが、「技術」「文化」「教育」の3つをコンセプトとしたTAKARAブランドの構築。海外から“クール・ファッション”と呼ばれ、日本の文化や感性が世界から注目を集めている今こそ、ヨーロッパにはない日本のものづくりや技術が世界に認められるチャンスです。企業としての信頼感や存在価値を高めるためにも、TAKARAの技術や新たな価値をブランド化し、世界に向けて発信していく考えです。

コンセプト
GROUP STRATEGY

企画から生産、販売、人材教育までの一貫した事業展開。

日本製にこだわった高級プレタポルテを手がける事業を一貫して展開しているTAKARAグループ。香川の小豆島と岡山をメインにソーイング・ファクトリーを構え、高い技術力を発揮してパターメイキングやサンプリング、スポーツアパレルの企画へと事業を拡大しています。パーソナルオーダーに応えるアトリエと技術をPRするアンテナショップを兼ね備えたブティックも運営。教育機関のタカラモードカレッジが技術の層を厚くし、信頼性の高い日本品質のものづくりを行っています。

グループ戦略
TECHNOLOGY

科学的・工学的なものづくりと作り手の感性が融合。

TAKARAでは、コンピュータを利用して素材特性を分析し、事前に欠点の予測・調整を行った上で縫製や修正を行い、服の美しさを作り上げています。素材への対応力が出来映えを左右するため、独自に素材研究を進め、技術を開発。科学的・工学的なものづくりを取り入れながら、作り手の感性を十二分に発揮できるプロセスを作り上げてきました。素材やデザインの価値を最大限引き出すためのテクノロジーは、TAKARAが誇るべき技術力です。

テクノロジー
EDUCATION SYSTEM

モデリストを育てるタカラモードカレッジ

TAKARAの新入社員は、入社と同時にタカラモードカレッジの1年生となり、妥協のないプロの現場に身を置き、本物の服づくりの仕事を通じて技術を学びます。洋裁学校を原点に持つ伝統ある教育カリキュラムに、世界有数のモデリスト養成校「セコリ」のパターン技術も取り入れた教育体制で、3年目には国家資格である洋裁技能士2級に、ほぼ全員が合格。技能オリンピックの世界大会で銀メダル、銅メダルを獲得する実力者を育てています。

教育体制
HOME > TAKARAについて