CONCEPT-1

技術:TAKARAの技術を世界へ

技術と感性とが融合する世界に誇るジャパン・クオリティ。

工学的な技術と人の手による“究極の技”によって
妥協を許さない最高品質のジャパン・クオリティを創り出すTAKARA。
どんな素材にも対応できる技術がTAKARAにはあります。
ウールや綿、シルクなどの自然素材や混紡素材に対応するために
早くから独自に素材研究を行い、素材特性計測システムを導入して
人の経験だけでは難しい温度対応の技術を確立。
最近では、いままでにない新しい素材・新合繊にも積極的に対応しています。
デザイナーたちの創作意欲を高めるこの新合繊は、
新しいだけに新素材や新素材同士を複雑に混紡した生地の扱いは非常に難しく、
素材特性を見極めなければ高品質の服づくりはできません。
しかし、TAKARAならそれができます。
海外から“クール・ファッション”と呼ばれ、日本の感性が世界に通用しはじめた今、
あらゆる素材に対応できるTAKARA技術は、必ず注目されるようになるはずです。
この技術をどう表現すれば世界に向けて届けられるかを考えていきたい。
そこにタカラの未来があることを私たちは確信しています。

■ テクノロジー

プレタポルテやオートクチュールの出来映えを最も左右するもの、それは素材への対応力です。新合繊や多種の混紡素材が使用される頻度はますます増え、風合い、ハリ感、落ち感、ストレッチ性など、いくつもの要素をあわせ持つ素材の魅力を損なうことなく仕上げることが求められています。TAKARAでは、素材の力学的特性の分析、工程別収縮テスト、スポンジングマシーンなどのテクノロジーを用いて素材を見極め、その価値を最大限に引き出す精度の高いものづくりを行っています。

HOME > コンセプト > コンセプト1:技術