INFORMATION

最新情報

2018.06.25
【ブログ】 サッカー日本代表に想いをのせて

連日、ロシアW杯が盛り上がっています。

世界トップレベルの試合を観る事ができ、私達を楽しませてくれています。
このような世界的なスポーツイベントで注目されるのが、各国の選手たちのユニフォームです。

アメリカでは「CNN」がいち早く「最もスタイリッシュなW杯ユニフォーム」と題して、
「 80~90年代前半に主流だったユニフォームのデザインに、今っぽさと各国のお国柄やカルチャーを反映させ、ファッション性の高いものに進化させた」というアディダスとナイキの取り組みを解説。

その記事の中で「ベスト・ユニフォーム」に選ばれたのが、サムライジャパンのユニフォームだったそうです。

特に、主張の強い縫い目に注目し、「古くから伝わる刺し子(さしこ)技術を使った荒い縫い目が、インディゴブルーによく映えている」と大絶賛されています。

 

このユニフォームには、今までの様々な想いとこれからの未来に向けた願いが込められ、日本らしさが表現されています。
日本のクラフトマンシップの一つとして、刺し子の技術をプリントで表現し、JAPANBLUEの原点でもある深く濃い藍色に、                        日の丸の赤をアクセントであしらっています。
首元内側のサインオフロゴは、過去5大会のユニフォームのアイコニックなデザインを組み合わせたものになっているそうです。

 

このユニフォームに、勝利の願いを込めてサムライジャパンを応援したいと思います。

 

株式会社タカラ
http://www.takaragroup.co.jp