RECRUITING MESSAGE

採用メッセージ

究極の技術を継承していくアカデミックな環境

代表取締役社長
米倉 将斗

タカラモードカレッジを何かに例えるなら、
森の奥深くにある寄宿舎制の魔法学校のようなイメージかもしれません。
アカデミックな環境の中で、仲間と寮生活を送りながら、
究極の技術を教え教わり、成長していく。
それが他にはないタカラモードカレッジの特徴です。

圧倒的な早さで高度な技術を磨くには最高の環境

洋裁学校を原点に持つTAKARAの優れた人づくりを継承してきたのが、教育機関であるタカラモードカレッジです。TAKARAに入社した社員は、タカラモードカレッジの教育制度や環境のもとで技術を磨いていきます。お客様の手元に届く本物の製品づくりを通して技術を学ぶので、緊張感の中に生まれる真剣さは普通の学校とは比べものになりません。同じ2年間、3年間とは違い、圧倒的に早いスピードで、しかもより高いレベルの技術がTAKARAでは身につけられるのです。

最初の3年間を乗り越えた時、その先にあるもの

洋裁技能士2級の国家資格を目指し、最初の3年間を乗り越えることをまず目標に頑張ってもらいたいと思っています。技能士の資格を取ることで、自分の技術をさらに高めていくことができますし、芸術性の高いファッションにも挑戦できるようになります。超一流のブランドから「この人に作ってもらいたい」と指名されるケースも少なくないので、自信や誇りを感じられるようになるはずです。教え教わる環境の中で、技術を継承してくれる指導者が出てきてくれるとうれしいですね。

若い人たちの才能を開花させていくために

TAKARAの上質なものづくりと、ファッションショーで若い人たちが見せてくれる感性や多様性、デザイン力を組み合わせることで、若手の才能をもっと開花させることができるようなアイデアをこれから考えていきたいですね。東京コレクションに出品しているような新進のブランドなどと接点を作って何かやってみることもアイデアの一つかもしれません。これからは、ファクトリーにも提案力が必要です。そのためにも、若い人たちが企画力を発揮できる仕組みを作っていきたいと思います。

HOME > 採用メッセージ