WAY TO A MODELIST

モデリストへの道

モデリストへの成長があなたの可能性を広げる。

モデリストという存在を知っていますか?
日本でもモデリストという言葉を聞く機会が増えています。
それは、“縫えるパターン”が引ける技術者が求められているから。
世界有数のモデリスト養成校「セコリ」の技術が学べるTAKARAで、
本物のモデリストへの道を始めてみませんか。

MODELIST

モデリストとは?

デザイナーのイメージを具現化できる優れたパターン技術を持ち、パターンメイキングを行いながら服づくりのすべての工程に関わり、生産にまで責任を持つ人のことをモデリストと呼びます。デザイナーやアパレルの細かな要望に応え、服を美しく仕上げるには、素材の知識やソーイング技術も必要。海外で活躍するモデリストは、最終製品に対して品質・技術面で全責任を負う立場にあり、生産現場への指示やコントロール、さらにはコスト管理まで行うプロフェッショナルな存在です。

PATTERNMAKER & SAMPLER

パターンメイキングとサンプリングの実践

TAKARAでは、素材の知識、シルエットを作るための確かなソーイング技術を土台に、原型パターン作成から工業パターン、試作サンプル、最終サンプル作成まで、生産に向けた“縫えるパターン”作りを行っています。ブランドによって、デザインと原型パターンが送られてくるケース、デザインだけのケース、素材選びも任されるケースなどさまざま。ブランドのイメージやコンセプトを読み取り、決められた時間とコストの中で、最終形の工業パターンを完成させる実力を磨きます。

ARTISAN

モデリストからその先へ

TAKARAグループの中で、モデリストとして活躍する道の一つに「工房 ガルボ」があります。「工房 ガルボ」は、TAKARAの技術を個人のお客様に広く還元するための、パーソナルオーダーとオリジナル商品を展開するアトリエです。もちろんグループ内の各セクションをはじめ、これからTAKARAが力を入れたいと考えているデザインや企画に挑戦することも可能です。独立してアトリエやブティックの開設、ファションデザイナーやオートクチューラーを目指す道も開かれています。

HOME > 採用情報 > モデリストへの道