TECHNOLOGY

テクノロジー

素材やデザインの価値を最大限に引き出す技術と感性。

TAKARAでは、素材を研究し、欠点の予測・調整を行っています。
プレタポルテの出来映えを左右するものが、素材への対応力だからです。
コンピュータを利用した科学的な分析によって素材を見極めることで、
作り手は持てる技や表現力を余すことなく発揮してクオリティを追求。
テクノロジーと感性との融合により、精度の高いものづくりを実現しています。

SYSTEM-1

TIPS(TAKARA Intelligent Production System)

TIPSが目的としているのは完全裁断です。製造工程での生地の動きやでき上がり寸法を計算し、あらかじめマスターパターンに寸法の修正を加えます。また、でき上がってから生じる「ねじれ」「だれ」の変形量までも数値として修正を加えます。

SYSTEM-2

工程別収縮テスト/プレス機

生地に130℃の熱で圧力をかけたテストを行います。芯貼り、中間アイロン、仕上げプレスなどの加工熱やスチームにより生じる「縮み」「変形」などの素材変化の状態をチェックするものです。

SYSTEM-3

KES(素材特性計測システム)

生地の伸縮や風合い、動きやすさなど、素材の力学特性を科学的に測定できるシステムです。これにより、生地特性の解析作業を行っています。「ひっぱり」「せん断」「曲げ」の3つの力学特性を把握することで、生産にはいる前に素材による製品の欠点と原因を予測することができるのです。

SYSTEM-4

スポンジングマシーン

織り、染色、整理などの各段階でストレスを持った原反を熱とスチームによってリラックスさせ、本来生地が持つ自然の状態や風合いに無理なく戻すことができます。原反の巻き始めと中央部分との伸縮の差、原反ごとの伸縮のばらつき、さらには生地を安定させることで加工時の縮みや変形を防ぐことが可能に。それにより、縫製後の型くずれやパッカリングを防ぎ、縫製の均一化を図ることができます。

EQUIPMENT

設備概要

CAD 9台 CAM 2台
スポンジングマシーン 1台 KES 2セット
収縮試験機 1台 エイジングCB 2台
本縫いミシン 200台 オーバーロック 60台
三本針両面飾り 20台 ハンドステッチ 4台
ピンポイント 3台 自動玉縁機 2台
エジコン 3台 すくい縫いミシン 15台
穴かがりミシン 15台 パット付けミシン 8台
自動ボタン付けミシン 2台 特殊千鳥ミシン 7台
中間プレス台 80台 仕上げプレス機 20台
ピンキング 2台    
HOME > テクノロジー