教育体制

究極のキャリアを形成する
TAKARAの教育カリキュラム
本物のなかで技術を磨く
自らの手や身体を使い、頭を使い、感覚もすべて使うのが、ものづくりの世界。
全身から得られるものづくりへの喜びや楽しさは、 太古の昔から変わることのない、人が本来持つエネルギーです。
喜びを感じる心が豊かな感性を育み、優れた技術を開花させていく。
“学校を出てから本当の教育が始まる”を実践するTAKARA。
そこには人間教育に力を注いできた洋裁学校が原点にあります。

キャリア・デベロップメント・プログラム

本物のなかで技術を磨く
step1タカラモードカレッジ1年次
ミシンとアイロンの基本操作から学ぶので、初心者でも安心です。
最初はパーツづくり・パーツ縫い・パーツアイロンの実習からはじめ、ライン内での初工程作業へと進みます。実習といっても手がけるのはすべて製品となる本物の服。
これこそが高い技術力が速く身につく理由です。働きながら学ぶOJT中心の教育が特徴です。
本物のなかで技術を磨く
step2タカラモードカレッジ2年次
2年次になると主工程のパーツ縫い、中間アイロンの技術を身につけていきます。
2級技能士の資格取得を目指すにあたり、1年次から2年間で注文服・既製服の製作を体験。
2年間の訓練後、修了試験(学科・実技)に合格すれば、香川県知事より修了証書が授与されます。
本物のなかで技術を磨く
step32級技能士受験
3年目に、洋裁技能士として知られる婦人子供服製造技能士(婦人子供注文服製作作業、婦人子供既製服縫製作業、婦人子供既製服パターンメイキング作業※希望者のみ)2級の国家資格を受験します。
2級は毎年ほぼ全員が合格しており、過去の合格者数、合格率ともに全国でもトップレベルの実績です。
本物のなかで技術を磨く
step41級技能士受験
5年目には、1級技能士に挑戦します。
洋裁技能士は、洋裁のプロとしてその技術レベルの高さが認められた価値のある称号です。
国家資格は一生の“タカラもの”。サポート制度もあるのでぜひ取得しておきたい資格です。

教育訓練カリキュラム

訓練内容 実習OJT
マシン基本操作 ミシン作業パーツ縫い ライン初工程ミシン作業 ライン初工程ミシン作業 パーツアイロンかけ作業 ラインパーツアイロン作業 ライン中間アイロン作業
1

ミシン基本操作、アイロン基本操作 パーツづくり、パーツ縫い ライン内パーツ縫い(表地ロック、ダーツ縫い、前立付け、裾角縫い、裏地つくり、衿つくりほか) パーツアイロンかけ ライン内パーツアイロンかけ(ネーム折、伸び止めはり、ヘム折り、別ベルト折りほか)
2

ライン内パーツ縫い(表地ロック、ダーツ縫い、前立付け、裾角縫い、裏地つくり、衿つくりほか) ライン内中間アイロン(肩合わせアイロン、脇合わせアイロン、見返し合わせアイロンほか)
3


 受
婦人子供注文服製作作業 2級
婦人子供既製服縫製作業 2級
パターンメイキング作業 2級
採用メッセージ
先輩からのメッセージ
募集要項
採用エントリー